So-net無料ブログ作成

「若い子に興味」17歳少女買春容疑で山梨県忍野村の職員逮捕(産経新聞)

 出会い系サイトで知り合った少女に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、警視庁三鷹署は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで、山梨県忍野村住民課係長、志村直哉容疑者(43)=同県富士河口湖町船津=を逮捕した。同署によると、志村容疑者は「若い女の子に興味があった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は2月9日夜、携帯電話の出会い系サイトで知り合った都内に住む当時、高校3年で17歳だった女子生徒が18歳未満であることを知りながら、東京都江戸川区のホテルで、現金4万5千円を渡してわいせつな行為をしたとしている。

 同署などによると、事件当日、志村容疑者は退庁時刻の1時間前に早退し、車と電車を乗り継いで待ち合わせ場所のJR総武線平井駅前に向かったという。

 志村容疑者は「他にも同じようなことを何件かやった」と供述しており、同署で追及している。

【関連記事】
ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」
児童ポルノ販売容疑で逮捕 広島県警、3億の入金確認
過激イメージビデオ制作会社が6千万円脱税 東京国税局告発
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕
「若い女性に興味あった」女子中学生2人にわいせつ 少年補導員の男逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<火災>住宅など2棟全焼 夫婦が行方不明に 兵庫・加西(毎日新聞)
交通機関の優先席、本当に必要な人に 譲る人と譲られる人、お互いが気持ちよく(産経新聞)
県民大会、首長39人が参加へ=普天間県内移設反対で−沖縄(時事通信)
「どないなっても知らんぞ」 公共工事の下請け強要未遂容疑で男を逮捕 大阪(産経新聞)
<香取市長選>宇井氏が再選 千葉(毎日新聞)

<前原国交相>小沢幹事長を批判 高速新料金(毎日新聞)

 前原誠司国土交通相は23日の閣議後会見で、高速道路の新料金制度をめぐり、民主党の小沢一郎幹事長が「無料化どころか値上げ」と指摘したことについて、「そもそも(料金の)割引財源を道路建設に回せと要望したのは民主党。通行料が上がるのがいけないというのは二律背反」と小沢幹事長を強く批判した。

 前原国交相は会見で、民主党が昨年12月に政府に提出した予算の重点要望書を記者団に配布し、「料金割引の財源を高速道路整備に充てる」との内容だったことを説明。「党の要望があって、(割引財源を道路整備に転用できる)法案を提出した。割引は当然減るのに、それがいけないといわれても(困る)」と主張した。

 また、新料金制度と法案については、馬淵澄夫副国交相が事前に民主党に説明し、党側も了解していたと明らかにし、「自由闊達(かったつ)な意見が出ることはいいが、閣議決定した法案を変えることはガバナンス(統治能力)が問われる」と強調した。【寺田剛】

【関連ニュース】
高速料金:首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」
国交省:組織改編は前原カラー色濃く 4月1日実施
前原国交相:採用説明会出席へ 「官僚やはり重要」PR
前原国交相:成田に全身スキャナー 7月めどに実験開始へ
前原国交相:八ッ場ダムの湖面1号橋工事継続

狩野探幽の障壁画をデジタル再製 京都・一休寺(産経新聞)
電線カルテル疑惑、十数社立ち入り…公取委(読売新聞)
全額公費で集団接種 栃木・大田原 小6子宮頸がん予防(産経新聞)
<飯塚市長選>斉藤氏が再選 福岡(毎日新聞)
<明石歩道橋事故>元副署長を20日に起訴(毎日新聞)

春の高山祭 小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)

 岐阜県高山市に春を告げる日枝神社例大祭「春の高山祭」が14日、開幕した。低気圧の影響で、朝から小雪の舞う天気となったが、飛騨の匠(たくみ)が技を競った豪華絢爛(けんらん)な祭り屋台(国の重要有形民俗文化財)12台が登場。きらびやかな刺しゅうや金具を輝かせながら古い町並みを進む様子に、観光客から「おおー」と感嘆の声があがった。

【写真特集】日本の祭り

 屋台蔵から1年ぶりに曳(ひ)き出された屋台は、法被姿の男衆の掛け声に合わせてギシギシと車輪をきしませ、屋台8台が日枝神社参道に、また、からくり奉納をする三番叟(さんばそう)や神楽台など4台が御旅所(おたびしょ)前に曳きそろえられた。午前11時からはからくり奉納もあり、屋台の周りは身動きできないほどの人垣ができた。15日まで。【宮田正和】

【関連ニュース】
【写真特集】御柱祭:氏子1万人が「よいさっ」 長野・諏訪地方で開幕
春の高山祭:御巡幸の衣装など新調 /岐阜
コイ放流:高山祭控え、宮川に 守る会などが450匹 /岐阜
飛騨牛しぐれ寿司〜高山線・高山駅(岐阜県)

<幸田町汚職>容疑の町議 弟から報酬、一部受領 (毎日新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
<訃報>野崎嶽南さん84歳=毎日書道展名誉会員(毎日新聞)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
介護保険貸与品目に認定後、昨年に3件の事故―可搬型階段昇降機(医療介護CBニュース)

<NHK>受信契約求めホテル事業者を提訴 千葉 (毎日新聞)

 NHKは15日、テレビを設置しているのに放送法に基づく放送受信契約を結んでいないとして、ホテルを経営する千葉県内の会社に対し、地上契約の締結と09年12月から今年3月までの受信料197万円の支払いを求めて、千葉地裁松戸支部に提訴したと発表した。

 NHKによると、契約対象は会社が経営する二つのホテルの367室分。09年度だけで11回職員が訪問するなどし契約を求めたが、応じなかったため今年2月に最終通知と訴訟予告を行ったという。

 NHKでは05年以降、未契約や受信料不払いに対して法的措置をとる方針を示している。未契約事業所に対する提訴は09年6月の埼玉県内のホテルを経営する会社に続いて2件目。前回は提訴後、会社が支払いに応じたことから、NHK側が訴えを取り下げている。現在、未契約は事業所・世帯合わせて1097万件と推計している。

<平沼代表>参院選目標議席「少なくとも10」(毎日新聞)
郵便局強盗で8日に再逮捕=DNA型一致、都内の男−京都府警(時事通信)
デイリーNK・高支局長「携帯は社会変えるツール」(産経新聞)
包丁で両親刺す、母死亡=23歳無職男を逮捕−北海道(時事通信)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)

良い方向の分野、「医療・福祉」が増加−内閣府世論調査(医療介護CBニュース)

 内閣府はこのほど、「社会意識に関する世論調査」の結果を公表した。それによると、現在の日本の状況について、良い方向に向かっていると思われるのはどのような分野かを複数回答で質問したところ、最も回答の割合が高かったのは「科学技術」で20.7%だった。「医療・福祉」を挙げた人の割合は18.7%で2番目に高く、昨年の前回調査の13.2%から5.5ポイント上昇した。

 調査は、社会や国に対する国民の基本的意識の動向を調べ、広く行政一般の基礎資料とするため、全国の成人1万人を対象に1月21日-2月7日に実施し、6214人から回答を得た。
 調査項目は、▽国や社会との関わりについて▽社会の現状に対する認識について▽国の政策に対する評価について-の3本柱。
 このうち「国の政策に対する評価について」では、国の政策への民意の反映程度や良い方向、悪い方向に向かっていると思われる分野などを質問。悪い方向に向かっていると思われる分野では、「景気」を挙げた人の割合が63.1%で最も高く、次いで「雇用・労働条件」(56.5%)、「国の財政」(47.6%)、「経済力」(39.2%)などの順だった(複数回答)。
 また、現在の社会における国民一人ひとりの収入や貯蓄、不動産など経済状況の違いについて、どのような政策が必要だと思うか質問したところ、最も多かったのは「所得向上への努力が生かされる制度改善を中心に対応を強化すべき」で32.6%。次いで「税、社会保障を中心に対応を強化すべき」(31.5%)、「所得向上への努力に対する側面的支援を中心に対応を強化すべき」(18.1%)などの順だった。


【関連記事】
迫り来る! 医療崩壊/未来(あす)の医療が見えますか
医療最悪に関係者も危惧!
「消費者、患者の観点で規制見直しを」−行政刷新会議分科会が初会合
持続可能な医療政策を―全医連
各党マニフェスト 社会保障対策は?(2) 医師不足など段階的に解消へ−民主

遠隔画像診断で医療連携推進を―医学放射線学会シンポ(医療介護CBニュース)
<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)
<広島女児殺害>父親極刑求める 差し戻し控訴審(毎日新聞)
コンビニ侵入に失敗の後、路上強盗を自作自演(産経新聞)
中曽根元秘書を公認 みんなの党(産経新聞)

福井の荒島岳 男性遺体発見(産経新聞)

  5日午前9時5分ごろ、福井県大野市の荒島岳(1523メートル)の谷底で倒れている男性を福井県警のヘリコプターが発見した。男性は病院に運ばれたが、既に死亡していた。

 県警によると、男性は3日から連絡が途絶えていた名古屋市中川区、会社員、酒井映孝さん(56)。酒井さんは標高1200メートル付近の登山道から、約200メートル下の谷で見つかった。県警は残雪のある登山道から転落したとみて調べている。

がん検診、ニーズ高いが7割が「受けたことない」(産経新聞)
<NHK>「みんなのうた」に不適切映像 画像を修正へ(毎日新聞)
東京の銭湯に増える見附島の背景絵 絵師の中島さんを地元観光大使へ(産経新聞)
<常磐道引きずり死>運転過失致死罪で男有罪 水戸地裁判決(毎日新聞)
別の乳児白骨体も発見 プランターに遺棄の逮捕母「2年前に捨てた」(産経新聞)

免状不実記載の疑い 埼玉県警が革マル派活動家を逮捕(産経新聞)

 埼玉県警公安3課と鹿児島県警などは26日、免状不実記載の疑いで革マル派活動家の徳永国利容疑者(68)=鶴ケ島市脚折町=を逮捕するとともに、活動拠点の「東京工芸社」など8カ所を家宅捜索し、革マル派の機関紙やメモなど134点を押収した。公安3課によると、徳永容疑者は黙秘しているという。

 公安3課の調べでは、徳永容疑者は平成21年6月19日、鹿児島市の鹿児島県警本部交通部免許管理課で、運転免許証を更新申請した際、実際には住んでいない住所を記載した申請書類を提出し、免許証に事実でない記載をさせた疑いが持たれている。

【関連記事】
免状不実記載などの疑い 北海道警が山口組系暴力団会長を逮捕
週刊現代の「JR東労組」記事で講談社に賠償命令
早大当局VS革マル派 元総長の12年戦争
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<名古屋市長>自転車で町へ 議会リコールの受任者募る(毎日新聞)
スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
JR西歴代3社長 起訴へ 遺族「これで言葉聞ける」(産経新聞)
水俣病訴訟和解も… 全面解決なお遠く(産経新聞)
水俣病 未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。